流通税の付加税に関する新動向

外資企業にとって、2010年12月から流通税の附加税金負担は増えます。 

国務院の2010年第35番文によって、2010年12月から流通税の附加税は下記の変更はあります。 

現在、上海の外資企業にとって、流通税(営業税、増値税、消費税)の附加税の比率は1%(河道管理費)です。

ですから、例えば、2010年10月に営業税は10000元を支払い、増値税は20000元を支払う場合は、附加税は

(営業税+増値税+消費税)x 1%=(10000+20000) x 1%=300人民元です。


しかし、2010年12月から比率は増えました。

河道管理費    1% は変更ありません。

教育費及び附加  3% 以前は免除されましたが

城市維持建設税  三つの比率はあります 以前は免除されましたが 

城市維持建設税の比率は1%、5%、7%です、上海の外資企業は大部分は7%です、一部は5%です。 

ですから、上記の例で、2010年12月から附加税は

(営業税+増値税+消費税)x (1%+3%+7%)=(10000+20000) x 11%=3300人民元です。

上海進出、起業、会社設立最新情報(人民元業務の開放について)

外為管理局の2009年第29号規定によって、外国企業は中国で口座を設立することはできます。(Non-Resident Account “NRA”)

 2010年7月に、中国大陸と香港は「香港人民元業務清算協議」を調印しました。当協議によって、香港銀行の人民元業務限制はかなり緩和になります。

 上記の人民元業務の開放について、弊社は下記の通り分析します。

1 NRAOSA口座(Offshore Account)ではない 

NRAはOSA口座ではありません。NRA口座は人民元及び外貨を持有することはできます。且つ、NRA口座の人民元はこの外国企業の海外の人民元口座(実務上は、当面香港に人民元口座を開設します)に送金することはできます。また、香港の人民元口座に送金してから、その人民元を外貨(例えば米ドル)に両替することもできます。 

2 NRAの役割 

NRAは人民元の国際化の大切な一環とも言えます。従来、中国の企業は外国企業と商売する場合は、外貨決済しかできません、人民元決済は無理です。しかし、NRAを利用して、当面人民元決済は可能になります。 

例えば、中国企業A社は日本企業B社に商品を販売する場合、B社は香港で人民元口座を開設することはできます、且つ、上海でNRA口座を開設することもできます。

それで、A社はB社に支払う時、B社のNRA口座に人民元を送金することはできます、その後、B社はその人民元は自社のNRA口座から自社の香港の人民元口座に送金することはできます(もちろん、NRA口座にずっと置くことも問題ありません)。

ですから、人民元と外貨のレートリスクの高い輸出入業務はある会社はこれから海外に対して、人民元ベースで注文を提出・受けることは可能になります。

3 NRAの注意点 

①          NRAの人民元預金金利と香港人民元口座の人民元預金金利は差異はあります。

②          NRAの人民元は海外の他社の人民元口座に送金することはできません(例えば、前例B社のNRA口座から人民元をC社の香港人民元口座に送金することはできません)

③          NRAは外貨でもいいですが、銀行の外債枠度を影響しますので、銀行はあまり歓迎しません。

 4 香港人民元業務清算協議の役割 

企業は自由に香港で人民元口座を開設することはできます。そして、NRAと一緒に使って、海外業務の人民元決済は可能になります。

人民元ベースの投資商品もこれから数多く増える見込みです。

人民元預金は融資の担保とすることもできます。 

これから、人民元は国際通貨になる方向性は明確になります。


上海進出、起業、会社設立最新情報(第4回上海国際礼品展示会)

BUSINESS GUIDE社が主催した日本館にかなりの日本企業は出展しました。

2010年8月5日から8日まで開催しました。8月5日及び8日に会場に行きました、日本館の入場者は多かったです。

日本の商品、特に特性がある商品に対する中国の消費者の興味は高いです。

今回の展示会には、弊社はアド・グローバル株式会社と協力して、日本館に「龍馬商店街」という名で日本中小企業15社を集まって出展しました。


その15社は結婚式場運営、美容石鹸、子供服、お菓子、自動車補修などさまざまな業種はあります。

今回の反応も大分違います。


まず、私は感じたのは中国市場は値段に対する敏感度はまだまだ無視してはいけません。日本の中小企業の商品はLVみたいトップブランドではありません、ですから、いくら特性があっても、中国常識になかなか合わない値段で販売すると、障害があると思います。


美容石鹸を経営する1社、最初入場者に提供した値段は石鹸1個999人民元でした(約13000円)、この値段は明確に中国の常識に合わない値段です(中国の常識では、石鹸は安いものです)。ですから、興味はあった入場者は多かったですのに、実際買った人はあまりなかった。そして、最終日に、値段を200元にしました、この値段で買った人は増えました。

「龍馬商店街」の出展企業の中、1社の中国販売のやり方は中小企業にとって、参考価値があると思います。


富士屋という子供服を販売している会社です。

http://www.fujiya-kids.com


この会社は中国現地法人はありません、なお、ある日本人の友達と合作して、その日本人友達の店舗で販売しています。

店舗は当面上海地区に4店舗があります、上海地区以外は1店舗あります。


ですから、展示会には、興味がある顧客に5店舗の住所を書く名刺を渡すことはできます、非常に効果があるやり方と思います、展示会の出展費用も簡単に回収できます。


且つ、店舗販売する前に、中国で自社商標を登録することはしました(弊社は代行致しました)、知的財産面のリスク管理もキチンと準備しました。

上海進出、上海起業、上海現地法人設立(最新情報:Freebird 活動)

freebird&CHINATRIP2010宣伝用


日中学生交流団体freebirdについて

日中両国(上海・関東・関西)に支部を持ち、『日中の学生の相互理解の場を創出すること』を目的とした学生団体。現在まで、同団体が企画・運営をしてきたさまざまなプロジェクトにより、多くの学生が両国の相互理解を深めている。


CHINATRIP2010協賛企業募集

日中学生交流団体freebirdが、今年8月9日から16日に、在上海日本総領事館後援の日中学生相互理解促進プロジェクト「CHINATRIP2010」を開催する。当企画は、両国の若者24名が寝食を共にし、討論、フィールドワークなどを通じて、相互理解の実現を目的とした合宿型交流イベント。両国学生がお互いを理解し合い、国境を超えた友人となることを目的とし、新たな日中友好関係が未来へとつなげることを目標としている。 そこで、当企画を実施するため、資金協賛、物資提供、人的協賛、広報の各方面における賛助企業を募集している。協賛企業に対しては、イベント開催時のCM放映、ブース・垂れ幕の設置、チラシ・パンフレットの配布のほか、事後報告冊子への広告掲載、人材募集サポートなどを通じ、企業の社会的責任(CSR)活動、宣伝活動、採用活動を応援する。


CHINATRIP2010

開催日時:2010年8月9日~16日     

14日 学生×社会人パーティーを開催     

15日 日中学生300名-500名を集めた大型交流イベント(SUMMERBIRD)を開催


学生と社会人の架け橋 「学生×社会人パーティー」開催告知

日中学生交流団体freebirdが、今年8月9日から16日に、在上海日本総領事館後援の日中学生相互理解促進プロジェクト「CHINATRIP2010」を開催する。当企画の一環として、「学生×社会人パーティー」を8月14日(土)に行う予定。日中両国の学生の「今」を知るチャンスです。どうぞ振るってご参加ください。


SUMMERBIRD2010開催告知

「CHINATRIP2010」の報告会&大型交流会「SUMMERBIRD2010」を8月15日(日)、ショッピングモール『锐达889』の正門前で開催する。CHINATRIP2010参加者24名が期間中に体験した事や感じたことを一般来場者300名-500名に向けて発表する。報告会では劇や観客を巻き込んだゲームなどを行います。また、交流会では和太鼓や中国楽器、ダンス、コスプレショーなどといった日中文化演出で会場を盛り上げます。(あの有名人も参加するかも!!)。そして、茶道や衣音頭なども披露。更にゲーム大会では豪華な景品なども用意しています。日中交流に興味のある方は、是非振るってご参加ください!! 日時:8月15日(日) 場所:锐达889広場 万航渡路889号


お問い合わせ

E-mail: t.t.dannie@gmail.com (担当 高橋)

HP:http://freebird.gr.jp/

上海進出、起業、会社設立情報(日本講演)

5月25日から5月30日までは東京出張致しました。 この間、4回中国進出関連の講演を致しました。 講演の主催者は日本電子機器輸入協会、漢和塾、未来会計事務所、埼玉のある日本地方信用銀行です。

日本の30代の若手社長だちは中国の存在は「中国リスク」より「中国チャンス」として判断しているようです。 日本の50代の社長だちは逆の判断を持つ方は多いようです。 ですから、講演した時、30代の社長からのご質問は「いかに中国進出すればいいか」に関連することは多かったです。50代の社長だちからは「中国はやっぱり厄介ですね」などのご質問は多いです。

上海進出、起業、現地法人設立に関するセミナー

上海進出、起業、現地法人設立に関するセミナー

テーマ:ブログ

5月26日に東京で上海進出、起業、現地法人設立に関するセミナーを行います。

セミナーのタイトル「日系企業の中国進出の光と影」サブタイトル「こうすれば成功する」です。

ご興味がある方は、漢和塾の小川様に連絡してください。
漢和塾 小川様のメールアドレスは <info@kanwajuku.com > です。

上海進出、起業、法人設立の情報を連載する

弊社のbloghttp://ameblo.jp/shanghai に上海進出、起業、法人設立に関する実務情報を連載します。

万博のため、世界の関心を集まる上海。

上海に進出、起業、法人設立したい方々はぜひこの情報をご利用ください。

ThinkSmartと上海技術交易所は合作関係を樹立する

ThinkSmartは上海技術交易所と合作関係を樹立した。

中国企業と日本企業の技術交流、技術商売を支援します。



中国コンサルプロ協会を参加した

ThinkSmartは3月から中国コンサルプロ協会(China Legal& Accouting Network) を参加した。

中国コンサルプロ協会は中国の弁護士及び会計士を主要メンバーとして成立された協会です。

協会のメンバーの間に案件及び情報の交流及び支援を行っています。

タオバオモール出店条件

「タオバオワン(淘宝網)」及び「タオバオモール(淘宝商城)」に出店したい中小企業の数は増えています。


しかし一般的によく紹介されているのは「タオバオ(淘宝網)」の出店情報です。上海コラボコンサルティングで は「タオバオモール(淘宝商城)」の出店条件を公開していますので、 興味がある方は、下記から無料レポートを申請してみてください。


タオバオモール出店条件の無料レポート


Next »