外国人の社会保険納付

「在中国境内就業の外国人は社会保険を参加する暫定方法」(人力資源及び社会保障部の第16号令)によって、中国に就業している外国人の社会保険参加は明確になりました。


この規定の実行によって、外国人を雇用する企業の負担は高くなります。上海を例として、その増加する負担を説明します。


会社負担分    個人負担分          合計

養老保険     22%       8%    

医療保険     12%       2%

失業保険     1.7%         1%

生育保険     0.8%

労災保険           0.5%                                                             

合計       37%       11%    48


*基数のマックス金額は前年度上海市平均給料の3倍です、当面のマックス金額は11,688元です。


この規定の実行について、上海の労働部門は正式に通知しませんでしたが、弊社の了解している情報は、2011年11月は実行しなくても、2012年から実行になります。


外国人を雇用する企業は、この規定による原価アップの影響を準備する必要はあります。


また、この規定にある重要な内容を説明します。

①         第3条によって、駐在員事務所に勤める外国人も対象先になります。

②         第4条によって、就業証書を批准する政府部門はその情報を迅速に社会保険センターに通知します。新たに外国人を雇用する場合は、就業証書はできた日から30日以内に社会保険の登記手続きをする必要はあります。

③         第10条、外国人の社会保険番号を作ります。